自己破産によるデメリットは?

質問

妻と二人の子供を持つサラリーマンです。会社の業績不振で、給料は減給、生活費も足りず、借金を重ねてきました。しかし、毎月の赤字やこの先子供達の教育費が増える事などから、自己破産を考えています。自己破産のデメリットを教えて下さい。

答え

頑張って働いてもお給料は増えない・・・尚且つ借金まで抱えてしまっては、早めに手を打ちたいですね。

財産は処分されます

自己破産のデメリットのひとつは、財産を処分せざるを得ない事です。マイホームや車などを所有している場合は手放す必要があります。借金返済ができないのですから、財産を返済に充てなくてはなりません。

ローンが組めず、カードも作れません

次は、約7年間、新たな借り入れができない事です。これは、自己破産以外の債務整理、任意整理や個人民事再生、特定調停すべてに共通します。住宅ローンや車のローンなども利用できません。ローンを組むような大きな買い物は困難でしょう。
これも、債務整理すべてに共通しますが、約7年間、クレジットカードが作れません。クレジットカードで買い物をよくされていた人は、不便におもうかもしれません。しかし、昔の人がカードなど使わずに生活していた事を考えれば、なんてことないでしょう。最近利用者が増えたETCも、クレジットカードを経由しないタイプのものもありますよ。その他のデメリットは、官報に載ること。この官報とは、政府が発行している新聞のようなもので、これに住所、氏名が記載されます。ただ、一般の人で官報を読んでいる人はほとんどいないと思いますので、ここに記載された事が原因で自己破産したことが周囲にわかってしまうという事はないでしょう。市町村の破産者名簿にも載りますが、これは非公開です。ほかには、一定の職業について免責決定が出るまでの数ヶ月、資格の制限があります。弁護士や司法書士、保険の外交員などです。
このように、デメリットはさほど多くはありませんし、日常生活はちゃんと送れるのです。

フィード