弁護士に依頼するデメリットはどんなところ?

質問

弁護士へ依頼すると、安心だし手続きも早い事がよくわかりました。しかし、弁護士さんと話をするのも緊張しますし、メリットがわかっただけで、すぐに依頼するのも勇気が要ります。では、弁護士に依頼するデメリットはあるのでしょうか?

答え

そうですね、デメリットもきちんと考慮する必要があります。

相場は40万~60万

自己破産の手続きを弁護士に依頼する場合のデメリットは、報酬(費用)が高い。これに尽きると思います。従来は、弁護士会の報酬規定により20万円以上と定められていた弁護士費用ですが、平成16年4月1日からこの規定が廃止されました。そのため、自由な金額設定ができるようになったのです。報酬の額は弁護士事務所によって異なりますが、相場は40万~60万くらいのようです。依頼者は自己破産をするくらいですから、当然お金があまりないでしょう。なので、分割での支払いが認められているところも多いようです。20万以下で依頼を受けているところもあるようですが、安いからといって安易に依頼しない方がよいでしょう。自分で手続きをするのは大変な労力を要します。しかし、弁護士に依頼すれば、このように高額な費用が必要となるのが現実です。

悪質な「提携弁護士」には気をつけて

それから、気をつけなければならないのが、悪質な「提携弁護士」です。提携弁護士とは、弁護士の肩書きを悪徳金融業者に貸していたり、高額な報酬を取るにもかかわらず、適当な事務処理しか行わないような弁護士の事です。折り込みチラシやスポーツ新聞などで多重債務者を集める極めて悪質なものです。こういったところに引っかからないように気をつけなくてはなりません。
費用を工面して弁護士に依頼するか、自分の力で手続きを行うかよく考えて、よい方法を見極めてください。

フィード