自己破産をすると会社をクビになる?

質問

借金の返済で首が回らず、自己破産を考えています。しかし、会社をクビになってしまうのではないかと不安です。自己破産が認められ返済が免除されたとしても、職を失っては生活して行けません。クビになるようなことはありますか?

答え

通常の場合、自己破産をしても会社に連絡が行く事はありません。また、戸籍や住民票に載る事もないので、会社にばれる恐れはないでしょう。また、万が一会社に知られたとしても、労働法上、自己破産の手続きをしたことを理由に解雇できません。また、こちらから辞める必要もありません。

専門家に依頼すれば安心

自己破産の申立てをするまでの間に、債権者から連絡が行く場合があるので注意が必要です。もし、心配であれば、弁護士や司法書士に依頼する事をお勧めします。依頼後、直ちに全債権者に受任通知を送ります。債権者はその通知を受け取ると、債務者本人への取立てはできません。ですから、会社に知られる事もないというわけです。会社に知られると、クビにはされないものの、居ずらくなり、辞めてしまうといったケースがあるのも事実なのです。

一定の資格や職業の制限に注意

また、資格や職業の制限があるため、一定の期間、職を失う形になる場合があります。弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、行政書士、宅地建物取引主任者、株式会社(有限)の取締役、警備員、生命保険の外交員などです。しかし、免責決定を受ければこの、資格制限も無くなります。
会社や会社に関係する金融会社から借り入れがある場合は、会社に知られてしまい、事実上、会社にいることが難しくなるかも知れません。会社から借り入れがある場合は、裁判所から債権者として通知が送られるでしょう。しかし、借金の使い道が、身内の重病人の治療のためであったり、本当にやむをえない事情であれば、会社側も解雇せずに考えてくれるかもしれませんね。

フィード